投資でもしようかな

日が変わらない間に何回も売買する作戦の「デイトレード」と近いが、1日ではなく、10日程度の短期的な数日間の持ち越しを行う取引方法を「スイングトレード」(数週間程度に長くなると「ポジショントレード」)と呼んで1日で何回も売買注文を繰り返すデイトレードとは区別します。
【トラブル】ストップロスという取引が、できる投資家しか、投資でことが出来ないのである。損をきちんと認める度胸を持つことが必須である。もし、ストップロスが不可能な状況ならば、絶対に投資はやめておいたほうがよい。
投資のための取引について必要な勉強や研究が苦手とか時間がない人は、証券会社など専門家に資金運用をお願いしてみるとか、必要な研究や情報収集がさほど重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などでの取引を選んでほしい。
【ポイント】テレホン・マーケット(特定の場所に不特定多数の取引主体が集まって行う取引ではなく、電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかでとくに有名な市場を問われたら、まずインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。参加者は金融機関に限定。資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)で有名な外国為替市場(がいこくかわせしじょう)や銀行間取引の一種で1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場などの市場がある。
よく見かける株式投資関連の企業や個人のサイト、ブログ、だとか、一般的に市販されている関連情報誌などでは、テクニカル分析(過去の動向から、今後の動きについての予想を行う分析法)を重要視しており、いろいろな種類のチャートの使い方、分析方法などを非常に細かく紹介しているのだ。
【経済用語】日本経済は当然として、さらに世界経済を読み取る為には、金融そして経済の根幹である株及び金利さらに為替を感じ取るということが不可欠なのである。なぜなら株価と金利と為替はしっかりと関わりあっているからなのである。
こうして我が国の金融・資本市場での競争力を高めることを目的とした緩和のほか、金融規制の質的向上が目的とされた取組や試み等を促進する等、市場環境や規制環境の整備がすでに進められております。
政府及び金融当局としては、市場の自発的な規律や当事者による自己責任原則を基本としたうえで、はっきりとしたルールに基づく透明かつ中立的な金融行政を進めることを目指して、特に専門性の高い検査、そして監督を実行しているのだ。
説明:「失われた10年」という語は、ある国全体の、あるいはひとつの地域における経済が約10年程度以上の長きにわたって不況および停滞にぼろぼろにされた時代を語るときに使う言い回しである。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が前触れもなく破綻したのある。この破綻で、初となるペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより日本振興銀行の全預金者の3%程度、しかし数千人が、初適用の対象になったと想像される。
【ポイント】金融商品あるいはサービスなどは、その性質上、商品やサービス自体に不確定さを内在することから、金融商品やサービスに投資する場合は、そんな危険性が存在することを納得したうえでの取引を行う。
金融商品の仕組み。金ETF(Exchange Traded Fund)というのは、根強い人気の金の相場価格に連動させている上場投資信託(ETF)です。身近な証券会社で売買できるということで大変手軽な商品だが、証券会社への手数料が必要なことに注意。
【金融用語】REITって?不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品である不動産投資信託という内容を表す日本語での表現です。一般的に、投資信託及び投資法人に関する法律に定められた日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと呼ぶことがある。
一般的にデリバティブというのはこれまで取り扱われていた金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動で発生した危険性をかわすために発明された金融商品のことである。金融派生商品といわれることもある。
最近増えてきた、スウィーブサービスとは?⇒通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座、この間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが手続き不要で振替される新しいサービス。同じ金融グループによる顧客の囲い込み戦略です。